ニュースの詳細

2015年5月 畜産日報

 

良いものを提供するニッチな生産者として浸透を目指す
 
 [引用記事]  

「チリの特徴として、生産量が大きく増えることは無い。大生産者として大量に輸出するのではなく、ニッチな生産者とした優位成を伝えたい。日本で求められるスペックを満たし、日本で成功することで世界に通じるものが作れると考えている。これまでも物は良いと認めてもらっていたが、どう販売につなげていくかが課題だ。シェフへの紹介や、試食、ブランド戦略などアグロスーパーを前面に出し、触れてもらう機会を増やしていきたい」と、日本市場への浸透に意欲をしめした。