home-ver1 ホーム > ニュースリリース
ニュースリリースの詳細

アグロスーパー子会社のLos Fiordos、

チリの漁業会社Friosurのサケ部門を買収

2018年7月11日

チリに本社を持つ食品総合企業アグロスーパー(日本法人名:アンデス・アジア株式会社、東京都港区、代表取締役社長:髙宮 アンドレアス、以下アグロスーパー)は、7月11日、本社子会社でサケ養殖・輸出事業を行うLos Fiordos(ロス・フィオルドス)社が、チリの漁業会社Friosur(フリオスール)社サケ部門の施設を買収し、2018年第3四半期までに統合することで合意したことを発表します。現在、チリの競争当局の承認を申請中です。買収によりLos Fiordos社のアトランティックサーモンの生産量は年22000トン増加する見込みで、アグロスーパーのサケブランド「スーパーサーモン」養殖事業のさらなる拡大を目指します。

今回の買収は米ドル約2億2900万ドル相当(日本円約250億円相当)となり、サケの孵化場、12の養殖場、Los Fiordos社の養殖場に隣接したアイセン州内40か所の漁業権が含まれています。Los Fiordos社とFriosur社の施設は近接しているため、両社の協力による相乗効果や、環境に配慮した漁業生産の実現、各施設の従業員の雇用の継続が可能となります。

買収に伴う生産量増加により、アグロスーパーのグローバル市場における存在感はさらに高まり、質が高く新鮮な既存製品ラインナップを広げ、消費者からのハイレベルな要求に応じ、安定した食品の提供を可能にします。

【Friosur(フリオスール)社 概要】
会社名:Pesquera Friosur S.A.
事業内容:養殖漁業、水産加工業
本社所在地:チリ・アイセン州プエルトチャカブコ
Webサイト:http://www.friosur.cl/

【アグロスーパーについて】< http://agrosuper.jp/ >
アグロスーパーは世界有数の食肉産地・水産国であるチリを代表する総合食品企業です。東京をはじめとする世界の重要都市に拠点を構え、年間85万トン以上のポーク、チキン、ターキー、サーモン、加工製品を65ヵ国以上の国に製品提供しています。飼料の選定や家畜の飼育から製造、加工、梱包、輸送、販売、さらに研究開発による品質向上に至る全工程を、垂直統合システム(バーティカル・インテグレーション)による自社一貫生産で実施し、完全な生産履歴追跡システム(トレーサビリティー)を確立しています。日本では、「アンデス・アジア株式会社」という法人名のもと、日本人の好む味を研究し、商品の改良を重ねています。

【本件に関する問い合わせ先】
アグロスーパー広報事務局(株式会社アクティオ内)
Tel: 03-5771-6426  Email:agrosuper-pr@actioinc.jp